会話に参加しませんか 1件のコメント

  1. […] もちろん作家は日本語、英語かフランス語で書かれた本も OK !翻訳を出来るし、世界のマーケットに加われます。 […]

コメントを残す